写真ギャラリー

こちらのぺーじでは、森林づくり伊豆の会の活動の様子や、季節によってダイナミックに姿を変える伊豆半島の風景を写真でご覧いただけます。

第74回(11/25)森林づくり伊豆の会

<閲覧テクニックご紹介>

写真をダブルクリック(2度速押し)すると解像度の高い写真がみられます。

 

 

 

 

 

「森林づくり伊豆の会」に拍手!!

 

 

 

 

 

11月11日に開催された第36回全国育樹祭において、「森を育てる人部門」で表彰を受けました。活動前に山田会長より表彰状が披露されました。驕ることなく地道な活動の続けましょう。

 

 

 

 

 

モミジの鮮やかな赤黄が真っ青な青空に映え、澄みきった冷気の中、万城の滝周辺のスギ・ヒノキ林で間伐作業を行いました。

 

 

 

 

 

初参加のご夫婦を加え、晩秋の色を享受しながらの間伐作業となりました。

 

 

 

 

 

2台の枝打ち用チェーンソー(25cc)の新装備で山に入りました。

扱いやすく伐倒木の枝切りには欠かせない道具となりそうです。

枝打ち用チェーンソーの切れ味はいかがでしょうか?

伐倒木の枝切りには威力を発揮していたようです。軽くて楽チンですヨ。

 

 

 

 

 

久しぶりの間伐作業に気合が入る。暗かった林も随分と明るくなり間伐も先が見えてきた。   もう一息だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真にコメントする

第71回(8月26日)森林づくり伊豆

今回森林づくりは間伐作業と少し違った、ビオトープに挑戦します。之は聞いた言葉ですが、改めて何かと問われると即答できないのが大方だと思いますので触れておきます。biotop(独語)とは、 生き物の生活環境と言うことなのですが水辺に限った事ではないのです、例えば陸上でもそのような環境があればそう云えますし縁下でも同じことです。 本日のスタートは6名ですが後で2名参加しました。

 

 

鬱蒼(うっそう)とし森林の一角に、今回はホタルが住めるビオトープを作りたいと作業に取り掛かりました。

とても暑い午前でしたが食事はせせらぎの音を聴きながらの食事となりました、特に昼寝が最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

午後からの作業も順調に進み片ずいた場所でこの暑さにもめげず火の傍で語らう二人。(完成後の夢でも語り合っているのかな?)

一日の作業も終盤、ふと見上げると梢から夏とは思えない柔らかな日差し、癒されます。ごくろうさまでした。

 

 

 

 

 

この写真にコメントする

第70回(7/22)森林づくりin伊豆の会

 

 滝祭りに向け定例会をそれの準備作業にす。

 

 

 

先週やり残した場所の整備、

 

 

 雨模様の点火、カンナクズの準備は隊長さんです。

 

 

 

 

 

 

薪割りイベント用、こんな物ですがどうでしょうか。

 

 

午前中に粗片付きました。

 

今日は比較的涼しく作業できました。ご苦労さま、

 

この写真にコメントする

滝祭り準備

 

滝祭り、ボランテアに宛てがわれた場所とは、階段はコケが生え落ち葉の山です。 さて、ここを如何に快適な流しソーメンのフィールドにするのが我々に宛てがわれた使命であります。

 

 

見事な階段の出現であります。それには力強い味方があったのでした。

 

更に次々と面白い様に清掃しまくりマンマシーン、東屋の屋根まで清掃しまくりマンマシーン君です。

 

川の向かい側ではイベント会場づくり、やたらに転がっている石を逆に利用して会場の舞台に利用してしまう、ボランテア達の知恵がひかる処です。丸太半割り橋もできました。

 

この写真にコメントする

第69回(6/24)森林づくりin伊豆

6月活動を写真にて紹介しておきます。

今回の活動は10名の参加となりましたが内容は充実したものになりました。

1)過去の活動成果として間伐林下での植物生育状況確認

2)最近の台風や強風での被害木の伐採

3)総会での討議状況

4)今年度整備予定の親水公園の状況確認

まずは朝の集合状況です。 皆さん元気に作業開始です。

      

 

 

 

 

 

今回は萬城の滝より上流のカーテン滝付近の間伐林点検から開始です。

          

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

5年前に間伐した場所では順調に多くの植物が競って生育していました。植物博士から若木や小さな植物についての紹介(講義に近い)があり、一同びっくりやら感心やらで熱心に聞き入っていました。(聴くかな?)

      

 

 

 

 

 

倒木した木の根の薄さにもびっくり、これでは土壌が弱れば倒れて当然かと改めて認識しました。さらに奥へと進み小さな草花を見つけて思わず撮影してみました。(名前?)

      

 

 

 

 

 

カーテン滝の付近ではいつも貴重な写真を提供してくれているKさんの撮影テクニックをとらえることが出来ましたので紹介しておきます。

      

 

 

 

 

 

今回の間伐では皮むきにも挑戦です。この時期は水揚げが良く綺麗に剥けるそうです。

右の写真は何かの虫にも似た木の実です。

      

 

 

 

 

 

午前中で作業を終了し、キャンプ場内にある体験棟に移り昼食会となりました。

いつもと雰囲気を変えて美味しいお寿司を頂きました。

      

 

 

 

 

 

その後、平成24年度(第6回)総会を開催しました。  議長のJさんの議事進行により活発な議論が繰り広げられました。 (総会の議事内容は関係資料に掲載しましたのでご覧ください)

最後に今後の整備予定になっている親水公園の状況を確認しました。

次回活動から“見て楽しめる森林づくり”を目指して安心して遊べる親水公園づくりを目指しますので引き続きご協力願います。

この写真にコメントする

中伊豆の生き物たち(1)

モリアオガエル

天城山の八丁池はこの時期モリアオガエルでにぎわうことで有名である。

天城のふところにある中伊豆の山中にはこの特異なアマガエルが数多く生息している。

梅雨のこの時期、森の中に棲むこのカエルは雨を察して山すそにある池や水溜りに産卵に集まる。今年はやや遅れ気味ではあったが水溜り周りの木々に白い産卵塊が目に付き始めた。

   

♂たちは小枝に潜み産卵期を迎えた♀たちを誘惑の声で誘いじっと待つ。

待つがあまり恋した相手を間違えガマガエルにも手を出した奴もいた。

 

この写真にコメントする

10 / 12« 先頭...89101112